2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 326

旧システムへの交換とA9LHの導入

前回でHBLとDecrypt9WIPの導入まで終わっているので、
今回はシステムのダウングレードとA9LHの導入を行う予定でしたが、
未だ未だ理解が追いついていないようです。
前回行ったのはHBLとDecrypt9WIPを起動する為の準備作業に過ぎませんでした。
…なので今回もHBLの起動から始める事になります。

レポート用

先ずはHBLを起動してsafehaxを選択してDecrypt9WIPメニューを表示させます。
A9LHの導入に必要なSystem 2.1.0までダウングレードします。
操作を開始するとNANDの内容がファイルにバックアップされます。
その後、NANDの書き換えになり照合も行われるので結構時間が掛かります。
前回失敗した時もここまでは問題なく進行していました。

次に指定のサイトにアクセスしてA9LHを導入します。
前回は何回遣ってもSafeA9LHInstallerのメニューが表示されなかったのですが、
今回は幸運にも3回目で繋がったので[SELECT]ボタンでフルインスールします。
終了後、指示通りに一旦電源を落とし[SELECT]ボタンを押しながら再起動します。
起動にいつもより少し時間が掛かりLuma3DSのメニューが表示されたら成功です。

レポート用

次にLuma3DSのメニューのconfigメニューで下記の項目にチェックを入れて、
[START]ボタンを押して保存後に再起動します。
 Autoboot SysNAND、
 Use SysNAND FIRM if booting with R (A9LH)
 Show NAND or user string in System Settings
 Show GBA boot screen in patched AGB_FIRM
以上でLuma3DS環境が出来上がりました。

arm9loaderhaxを導入するとシステムを更新しても大丈夫なようです。
System 2.1.0では不都合が有りそうなので本体設定からアップデートしました。
再起動後に使い勝手を良くするために幾つかのHomebrewをインストールしました。
Homeメニューには表示されましたがエラーで起動しませんでした。
どうやら最新のシステムには対応していないようです。
また反省材料が一つ増えたようです。
[No. 326] 2017/05/26(金) NDS&3DS&GBA track back(0) comment(4)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑