2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 506

Antiqueは公開テストに移行しました

以前、VB6.0 を使用して開発を始めたファイラーの「Antique」は、
諸事情により開発途中のまま棚上げ状態でした。
その後もコンパイラ系の開発環境を使用する事無く現在に至っています。
今年になってからコンパイラ系のプロデルを本格的に使い始め、
漸く慣れて来たので「Antique」の開発継続を決めました。

レポート用

VB6.0 で開発を始めた時はプログラミング自体の経験が有りませんでした。
開発継続と言っても VB6.0 とプロデルでは環境が全く異なるので、
プログラムの内容的には新規ですがルック&フィールは引き継ぎました。
特に拘ったのはキーボードによる操作です。
「Antique」はマウスに持ち替える事無くすべての操作をキーボードで行えます。

勿論、マウス操作も可能ですがタイトルバーすらないので戸惑うかも知れません。
「Antique」ウィンドウの移動はタイトルバーではなく、
ウィンドウの何もない処を掴んで行います。
機能は12個有るファンクションキーに割り当てています。

シフトキーを押すとファンクションキーの表示が変わります。
ファンクションキーはマウスでクリックする事も可能ですが、
直接、ファンクションキーを押しても構いません。
また、ファンクションキーに割り当てられたショートカットキーでもOKです。
…と言うかその様に使われる事を想定しています。

この「Antique」だけでフォルダやファイルに対して様々な操作が行えます。
ファイルのコピーや移動あるいは削除といった事から、
zip ファイルへの圧縮や解凍まで可能です。
更にテキストファイルや画像ファイルのプレビューも可能ですし、
ヘルパーソフトを登録すればそれ等の編集も行えます。

また、バイナリファイルのダンプ機能も搭載しているので、
不明なファイルの中身を覗く事もできます。
この場合もバイナリエディタを登録する事で編集まで可能になります。
他にもマクロ機能や拡張子連動機能等が有るので様々な用途に使用可能です。

更に便利な機能として簡易コンソール機能を搭載しているので、
コンソールコマンドのヘルプを確認する時等に重宝します。
現在、「Antique」は非公開テストが終わり公開テストに移行しました。
…なので何方でもテストに参加して頂けます。

しかし、Windows の操作に不慣れな方が不用意に使う事はお薦めできません。
実際、数回キーを叩いただけで Windows が起動しなくなる事も起こり得るので、
Windows の知識が豊富でファイラーの特徴を理解されている方を対象とします。
潜んでいるバグや操作ミスなどでテスト中に何らかの事故が起きても、
作者は何の責任も負いませんので自己責任でお願いします。

以上の事を理解された上でテストに参加されたい方はメールで連絡してください。
折り返しアップロード情報を返信します。
尚、ヘルプやドキュメントは未だ作成していないので、
不明な事が有りましたら質問して下さい。
[No. 506] 2018/05/25(金) その他のH&S track back(0) comment(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑