FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。


《 館内の歩き方 》

・ 成果保管室へは館内案内からどうぞ。(サイドメニューから入れます。)
・ その他の書庫へも成果保管室からどうぞ。(成果保管室内に入口があります。)
・ 最近の5レポート以前はご面倒でも実験資料室へ足をお運び下さい。
・ 言語毎の各研究室にも館内案内からどうぞ。(サイドメニューから入れます。)
・ 管理人の初心はこちら→ はじめに
・ 研究員募集案内はこちら→ 研究員募集案内


No. 550

年賀状宛名印刷ソフトのベータ2を公開

No.548で公開したプロデル版年賀状宛名印刷ソフトに機能を追加しました。
それはこの時に予定として挙げていた校正用の一覧表印刷機能です。

一覧表というからには表形式での表示と印刷になるので、
今回は HTML 部品を使用して実装するつもりで進めました。
表示も印刷も問題無く行えたので容易に完成すると思えたのですが、
実行ファイルにするとセキュリティチェックに引っ掛かってしまいました。

プロデルにはセキュリティに関係する機能を使った物を実行ファイルにする場合、
開発者コードを取得してからでないとチェックが解除されない決まりが有ります。
既にアンティークの開発で遭遇していたので知ってはいたのですが、
何処までがその範囲なのかは実際に遣ってみないと分かりません。

開発者コードを取得するようなスキルは持ち合わせていないので、
それはまだ先の事だと考えています。
そこでアンティークの場合と同様に他の方法で代用する事にしました。
その為に今回は「csv2htmlcnv.exe」と「PrintTable.exe」を追加しました。

レポート用

写真はこの様にして完成した校正用の一覧表印刷機能です。
この画面はプロデルで表示していますが印刷は担当していません。
…なのでデータの内容は同じものですが印刷物と体裁は異なります。

今回で主要な機能は全て実装された事になりますが、
郵送目的で使う印刷物に付き物の郵便番号が曲者です。
ここだけは他とは比べ物にならない程の精度が要求されます。
実際に印刷した時の印字ずれはプリンタ毎に異なるので、
微調整する機能が必要不可欠です。

この機能は次の公開バージョンで実装できたらと思っています。
掲載したファイルは成果保管室および生産研究室からダウンロード可能です。
[No. 550] 2018/12/16(日) その他のHandS track back(0) comment(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑