FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。


《 館内の歩き方 》

・ 成果保管室へは館内案内からどうぞ。(サイドメニューから入れます。)
・ その他の書庫へも成果保管室からどうぞ。(成果保管室内に入口があります。)
・ 最近の5レポート以前はご面倒でも実験資料室へ足をお運び下さい。
・ 言語毎の各研究室にも館内案内からどうぞ。(サイドメニューから入れます。)
・ 管理人の初心はこちら→ はじめに
・ お馴染みさんの登録はこちら→ お馴染みさん登録


No. 539

ZoneIDチェッカーを作ってみました

ZoneID の実体は NTFS の代替データストリームでした。
または Alternate Data Stream(ADS) とも言われるようです。
今回は前回に引き続きこの ADS 関連です。

前回、ZoneID と上手に付き合う為に必要な要件を検討しました。
…なので開発すべきソフトの全体像は見えています。
そこで早速モックアップから作り始めました。

先ず、ZoneID 付ファイルを発見する必要が有るのでファイラーの様な見た目で、
ディレクトリ内のファイル一覧画面が必要になります。
ダウンロードしたファイルの置き場所は有る程度決まっているので、
優先的にそこにアクセスできるようにすると便利そうです。

次に ZoneID の内容を確認する方法は分かっていますが、
それをプロデルのフォーム上のコントロールに表示する必要が有ります。
これも試行錯誤の末に成功しているので問題ありません。

また、今のところ必要性はあまり感じられませんが、
普通のファイルに後から ZoneID を付加する事も暫定的にできています。
更に ZoneID にも種類が有る事が分かったので、
内容を変更して ADS 自体を保持したまま無効にもできます。

最後に残った課題は ZoneID の個別および一括削除です。
何が問題になっているかと言えばプロデルで表示して選択した時点で、
そのファイルにロックが掛かってしまい ZoneID を削除できないのです。
ロックを避ける為に ZoneID の削除処理を別ソフトにすればできますが、
できる事なら同じソフトで結果も確認しながら処理したいです。

レポート用

写真は以上の要件を満たして開発したZoneIDチェッカーです。
ご覧の様に ZoneID が付いたファイルにはチェックマークが付きます。
インターネット経由でダウンロードしたファイルの場合は、
殆どが ZoneID=3 なのですが ZoneID には以下の種類が有ります。

1 ローカルイントラネットゾーン
2 信頼済みサイトゾーン
3 インターネットゾーン
4 制限付きサイトゾーン

ZoneID を1または0に設定すると ZoneID 自体は残りますが、
機能的には削除したのと同じになります。
ZoneIDチェッカーのメニューに有る[ZoneIDを無効]では空にしています。
勿論、完全に削除する機能も有ります。
掲載したファイルは成果保管室からダウンロード可能です。
[No. 539] 2018/10/13(土) その他のHandS track back(0) comment(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑