2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 425

「プロデル」はFeliCaが使えます

数回に渡って日本語プログラミング言語の「なでしこ」を試用してみました。
AquesTalk 繋がりで今回の試用に至ったのですが、
日本語プログラミング言語にはもう一つ「プロデル」が有りました。
今回はその「プロデル」を試用してみました。

「なでしこ」との使用感を比較する為にも同じ題材で遣ってみたかったのですが、
「プロデル」には画像をその形にくり抜く標準機能は無いようです。
「プロデル」で画像をその形にくり抜く機能を発見できませんでした。
AquesTalk に関しても AquesTalk 2 対応なので同条件での比較はできません。
しかし、それは私が始めたばかりという事で知らないだけで、
より高度な使い方をすれば可能なのかも知れません。
(※後日、フォームのプロパティ設定で可能な事が分かったので訂正。)

反対に「プロデル」が得意な事を探してみたら、
非接触ICカードの FeliCa を扱うプラグインが有りました。
専用の読取器が必要な上に仕様が公開されていないので関連ソフトは少なく、
他のプログラミング言語では作例ソースを見た事が有りません。

「プロデル」ではデバイスにアクセスする為の dll とサンプルコードの他に、
解析データの情報まで有り至れり尽くせりの状態です。
そこで早速サンプルを少し弄って簡単なログインプログラムを書いてみました。

レポート用

写真の様に Suica のカード固有情報を読み取って照合しています。
勿論、実用化には照合用データの隠蔽や暗号化等、
セキュリティに配慮する必要が有りますが根幹部分は簡単にできてしまいました。
FeliCa 関係は興味があるのでもう少し検証してみたいと思います。
[No. 425] 2017/10/19(木) その他のH&S track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑