2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 441

年賀状印刷ソフトを作る事にしました

私に限った事では有りませんが毎年この時期に行うのが年賀状の作成です。
その為にいつも少し憂鬱になったりしますが年賀状作成の全てが嫌な訳では無く、
図案を考えたりデザインする事は寧ろ楽しくも有ります。
気が進まないのは前回の状況や喪中などを確認して住所録を編集する作業です。
ブログを読み返してみれば去年の今頃も同じような事を書いていました。

毎年何とかしたいと思いつつ繰り返してしまうのは、
それが年に一回の行事だからですが今年こそは何とかしたいです。
一般的な年賀状印刷ソフトの機能は私には過剰です。
住所録が私的と公的の二つ用意されていて項目が異なります。
仕事上のお付き合いで出す公的の住所録の方には、
部署や役職等の肩書を記入する項目やメールや電話番号欄まで有ったりします。

住所も都道府県欄から始まり住所1とか住所2とかの欄が設けて有り、
市区町村やマンション名などをそれぞれ分けて入力する必要が有ります。
名前も姓と名を分けて別の欄に入力したり読み仮名を入力したりと、
兎に角うんざりする程に記入する項目が多いです。

プログラムを作る側に立って見れば理由は分からなくも無いです。
読み仮名はソートする時に必要ですし、
姓と名に分けておかないとプログラムには判別できないからです。
住所を細かく分けるのも長い住所を区切りの良い所で改行する為です。
つまりプログラムを作りやすくする為にユーザに負担を掛けている事になります。

しかし、印刷に必要なのは住所と名前だけの筈です。
公的用の肩書欄など必要でしょうか。
部署だけ分かれば配達に支障は無い筈です。
肩書はそれが正確ならヨイショでしか有りませんし、
間違っていたら失礼に当たります。

もっとシンプルな年賀状だけの為の住所録と宛名印刷ソフトが欲しくなりました。
少し慣れて来た「プロデル」ならリストビューが使えるので、
住所録くらいは簡単にできそうな気がして来ました。
そこで若しかしたら間に合うかも知れないと思い始めてみました。

レポート用

ここまで作って年賀状印刷ソフトの最重要課題が分かりました。
それは住所録の部分では無く縦書き印刷だったのです。
「プロデル」には縦書き用の部品は用意されていません。
「なでしこ」にも無いようです。

レポート用

住所録は簡単にできました。その編集機能もできています。
しかし、縦書き印刷が出来なければ年賀状印刷ソフトとして意味が有りません。
いぇ、別に毛筆書体の縦書きに拘っている訳では無いです。
年賀はがきの予め赤く印刷された部分を避けて書こうとすると、
どうしても横書きでは収まりが悪いのです。
従ってこの件はもう少し検討します。
[No. 441] 2017/11/24(金) その他のH&S track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑