2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 444

コントロールを動的に生成したい

No.237で DS工房用のメニューを HTA で作ってみました。
これと同じものを日本語プログラミング言語で作ったらどうなのだろうと思い、
「プロデル」と「なでしこ」で遣ってみました。

DS工房で使用しているメニューは画面構成は至ってシンプルですが、
その時の項目の文字数や項目数で実行時にボタンの数や大きさが変わり
それに連れて画面サイズもまた変化します。
それを実現する為にコントロールを動的に生成しています。

その様な事は HTA(VBScript) や Powershell では可能ですが、
「なでしこ」や「プロデル」には残念ながらその様な機能は無いようです。
無いからといって簡単には諦められないので代替案を検討してみました。

レポート用

「プロデル」は変数を使ってコントロールを生成する事ができません。
そこで最初のアプローチは作ってから名前を変えてみました。
写真の様にメニューデータを読み込んでメニューを生成する事はできましたが、
生成した時の名前でしかハンドルできませんでした。

次に予め想定最大数のコントロールを作成して置き、
不必要な分を非表示にする方法を試してみました。
こちらは動的生成とは言い難いアプローチですが一応は機能しました。
想定最大数を幾つに設定するかやコードの冗長化等の問題が有ります。

HTA(VBScript) や Powershell 等のスクリプト言語でもできる事なので、
「なでしこ」や「プロデル」でも当然できると思っていました。
これ等の日本語プログラミング言語はコードを日本語表記にする事で分かり易く、
初心者には取っ付き易いので入門用には向いています。
しかし、慣れて来て少し手の込んだ事を遣ろうとするとできなかったりするので、
初めから入門用に設計されているのかも知れません。
[No. 444] 2017/12/01(金) その他のH&S track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑