FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 464

開発環境としてのエクセル

以前はバッチファイルや VBScript 或いは AppleScript 等を使い、
作業の効率化を図って来ましたがそれ等のスクリプト言語では GUI が有りません。
GUI が必要な時は HTA や Powerscript を使うようにして来ました。
しかし、忘れてはならないスクリプト系の開発環境としてエクセルが有ります。

エクセルの VBA を使うと自由度の高いプログラムを作成する事ができます。
勿論、フォームを使ったGUI ソフトの作成も可能です。
エクセル自体を表示しないようにすればエクセルで作られた事が分からない程です。
エクセル自体の機能が簡単に使えるので表計算やデータベース等、
初めから作ると大変なソフトも簡単に作る事ができます。

また、Windows API を使う事も可能なので開発言語で作成したのではと見まごう、
高度なプログラムを作成する事もできなくは有りません。
敢えてそのような使い方をした場合はエクセルとは無縁なソフトの開発も可能です。
最近、オフィスで作成した年賀状宛名印刷ソフト(No.449)の場合も、
シートを表示させるまではエクセルで作成されたとは気が付かないと思います。

レポート用

私にとってエクセルは本来の表計算ソフトとしてだけではなく、
開発環境としての側面も有ったので Office 2007 が使えなくなったのは痛いです。
今ならサブスクリプション方式では無い Office 2016 の入手も可能ですが、
仕事で使うのでもなければ高過ぎます。

Excel 互換の表計算ソフトとしては LibreOffice の Calc が有りますが、
残念ながら Calc はフォーム部品は使えてもフォームは作れません。
LibreOffice でフォームを使いたいなら Base を使う事になるようです。
エクセルから違和感なく移行できる表計算ソフトが数千円で有れば良いのですが…。
[No. 464] 2018/01/23(火) VBS&VBA&LOB&More track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑