FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 467

アドレス帳を作ってみる-1

前回の予告では SuicaViewer をプロデルで作り直す筈でしたが、
プロデルの再履行の一回目に作り直しは相応しくないと思い直しました。
そこで新しいものにチャレンジしてみる事にしました。
SuicaViewer に関しては後日改めて遣る事にします。

さて、実用的な題材として何を採り上げたら良いか考えて、
何かと使う機会が多いリストビューを使ったアドレス帳にしました。
アドレス帳は年賀状宛名印刷ソフトでも活躍してくれました。
プロデルでも途中まで作りましたが完成はしていません。

始める前にお断りしておきますが私はプログラムを正式に教わった訳では無いので、
私が書くプログラムはそれが正しいアプローチなのか分かりません。
自己流で遣ると効率が悪かったりするのかも知れませんが、
基本的に動けば良いというスタンスで遣っています。

アドレス帳を作るにはデータを入力して表示・保存する機能が必要になります。
データ表示用にはリストビューを使い保存ファイルは汎用性が有る CSV にします。
大雑把に決めたらその画面を思い浮かべたりスケッチしてみます。
形から入る事への是非はさて置きプログラムに関しては全く問題ありません。

今はビジュアル プログラミングですしイベント ドリブンと言って、
何等かの操作などでイベントが発生してプログラムが走るようになっているので、
先ずは難しい事は考えないで形から入りましょう。

レポート用

先ずはプロデルを起動して[ファイル]メニューから[新規作成]と進み、
[プログラム]を選択すると写真の様なプロデルのデザイナ画面になります。
赤枠の[新しいウィンドウ]アイコンをクリックします。

レポート用

写真の様なメッセージが表示されます。
これは新しく作るウィンドウの名前を訊いているので、
そのまま[OK]をクリックします。

レポート用

これで写真の様なフォームが一つ作成されました。
タイトルバーはメイン画面となっていますが後から変えられます。
今度は左の部品選択ウィンドウからリストビューを選択して、
作成したウィンドウ内で一度クリックしてからそのままドラッグします。
これが部品配置の基本操作になります。

レポート用

写真の様にリストビューという部品が一つ配置されました。
今回はここで終わりです。
[ファイル]メニューから[名前を付けて保存]でファイルを保存して終了します。
次回はこの続きから始めます。
手順を踏んで行けばプログラムが初めての方でも大丈夫です。
[No. 467] 2018/01/26(金) その他のHandS track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑