FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 469

アドレス帳を作ってみる-3

今回は「プロデルでアドレス帳を作ってみる」の3回目です。
前回で CSV ファイルからデータを読み込んで、
リストビューに表示するところまではできています。
しかし、住所などが途中で途切れていたり見出しが2行有ったりしました。

また、前回の最後で初めて手書きで下記のコードを書きました。

ファイル名は、「.\ダミー住所録.csv」
データ表を作ってデータとする
データへファイル名から読み込む
一覧は、データの一覧
レコード数=一覧の個数
行番号を1からレコード数まで増やしながら繰り返す
   一覧(行番号)をリストビュー1に追加する
繰り返し終わり


先ずはこれを簡単に説明しておきます。
最初の行でデータファイルをパス名で指定しています。
次の行の「データ表」とはリストビューの様に2次元的にデータを格納するもので、
それをメモリ上に確保してその呼び名を「データ」にするという事です。
3行目でそのメモリ上の領域へ一旦データを格納しています。
4行目の「一覧」とはリストビューで言う行や列に当たるもので、
一綴りのデータの集まりの事でこの場合は行の事です。
そして6~8行でデータ表からリストビューへ一行ずつデータをコピーしています。
リストビューにデータを読み込む方法はこれだけでは有りませんが、
この方法が一番効率が良いのでそのまま覚えてしまいましょう。

レポート用

さて、前回の続きを始めます。
プロデルを起動してアドレス帳を開きます。
画面を設計タブに切り替えてリストビューを選択します。
見出しの間に有る縦線を掴んで移動する事で項目の横幅を変更できます。
住所の内容が一番文字数が多いので写真の様にします。
それに合わせてフォームやリストビューの大きさも変更します。

レポート用

次に写真の様に新たにボタンを2つ追加して名前を削除と終了にします。
削除はレコード単位でデータを削除する為の物で、
終了はアドレス帳自体を終了させる為の物です。
前回の読込ボタンの時と同様にそれぞれのボタンに対するイベントを追加します。

レポート用

コードタブに切り替えると手順が追加されているので、
写真の様な簡単な内容を追加して保存します。
内容は説明しなくても分かると思います。

レポート用

更にリストビューへのデータ読込部分のコードを写真の様に1から2に変更します。
これで見出しが2行表示される事は無くなります。

レポート用

ここでリストビューのプロパティの赤枠部分を写真の様に変更します。
こうする事でリストビューが行単位で選択されるようになるので、
削除ボタンの動作とも違和感が無くなります。

レポート用

保存をしてから実行します。
[読込]ボタンをクリックしてデータを読み込むと写真の様な画面になります。
リストビューの行を選択して[削除]ボタンをクリックすれば削除されますし、
[終了]ボタンでアドレス帳自体を終了させる事ができるようになりました。

次回は編集機能の追加を予定しています。
[No. 469] 2018/01/30(火) その他のHandS track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑