2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
「H&Sの実験棟」は年中無休です入館は無料ですのでお気軽にどうぞ。
No. 476

ゆっくりボイスの実験ソフトを再検証

前回、「プロデル」版のゆっくりボイスでエクセルを外す事ができました。
IME の再変換機能をリモコン操作する方式の暫定的なものです。
今回は「なでしこ」版のゆっくりボイスを改修しました。

Powershell で使った kakasi は「なでしこ」では使えませんでした。
改めて見直したら「なでしこ」には漢字の読みを取得する機能が有りました。
IME の機能を利用したものでこれで漢字の読みを取得する事ができるようです。
また、更に高機能化したプラグインの plugin_ime.dll というのも在りました。
これを使うとカタカナへの変換も可能になります。

更に「なでしこ」にはトークン分割という機能が有るので、
分かち書きが可能ならばより自然な発声になるのでこの機能も使ってみました。
結果は一応分割されたのですが分割の際に所々助詞が欠落してしまうようです。
分割後の文字列を任意の文字で繋ぐ事もできるので便利なのですが、
文字が欠落してしまっては意味が有りません。

更に残念な事に「なでしこ」の漢字のよみ取得も機能せず、
奇しくも「プロデル」と同じ状況になってしまいました。
IME の機能を利用したものはバージョンとかに影響を受けるのかも知れません。
仕方が無いのでプラグインの方を利用しました。

レポート用

写真はNo.423で公開したものをエクセル抜きに修正したものです。
処理速度もエクセルを起動しないので明らかに速くなりました。
惜しむらくはトークン分割が使えそうで使えない機能だった事です。
掲載したファイルは成果保管室からダウンロード可能です。
ソースは試食実験室にて公開しています。

尚、AquesTalk 本体と plugin_ime.dll は別途ダウンロードして、
plug-ins フォルダに入れて下さい。
[No. 476] 2018/02/12(月) その他のH&S track back(0) comment(0)

コメントの投稿















| ホーム |
Page Top↑